So-net無料ブログ作成

体脂肪率 [美容]

体脂肪率
体脂肪率(たいしぼうりつ)とは、動物の体内に含まれる脂肪の割合のこと。通常、ヒトの場合を言う。肥満は「体脂肪が必要以上に増えた状態」を指すが、体脂肪率の測定には困難が伴い、そのためBMIなど簡易的な診断法が広く一般に使われていた。ところが、近年体脂肪計(体組成計)が一般にも普及し始め、体脂肪率によって肥満の判定を行う場合も増えるようになってきている。

生体インピーダンス法
体に微弱な電流を流し、生体の電気インピーダンスを測定し、そこから体脂肪率を推定する方法。現在最も簡便で、最も普及している方法であり、市販されている体脂肪計のほとんどはこの方法である。しかし、以下のような問題点から、正確な値を算出するのは難しい。

[PR]骨盤ダイエット


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:美容

インプラント [美容]

インプラント
インプラント治療にはしっかりした顎骨が必要なため、歯周病などで歯槽骨が破壊されている人は、顎骨のほかの部分や、腰などから骨を移植して、人工歯根を埋め込む土台となる骨を構築する手術を勧める向きもあるが、その中長期的予後については何のエビデンスも得られていないのが現状である。  骨髄に含まれる幹細胞からの歯槽骨再生がすでに実用化されて宣伝する向きもあるが、現状では半ば空想の産物であると考えたほうが妥当である。

インプラント=人工歯根(じんこうしこん)とは、歯の欠損したあと、歯の機能を代用させる目的で顎骨に埋め込む人工的な物質(現在ではチタンが多く使われる)。人工歯という言葉は古くから義歯などに用いられるプラスティクあるいはセラミックの歯型を指すものとして使われていたため、この言葉が使われるようになった。英語のdental-implantの訳語でデンタルインプラントとも呼ばれ、更に一般には単にインプラントと略称される場合も多い。人工歯根を手術的に顎骨に植えて、創治癒を待った後にその上に人工歯冠;上部構造をつける一連の治療を、インプラント治療と呼び、ブリッジや入れ歯と違って、天然歯の状態により近い機能・形態の回復が得られ、また周囲の歯を削ったり、それらに負担をかける必要がないため、インプラント治療を受ける人は近年、激増している。

現在、実用に供されている人工臓器の中では、最も完成度の高いものであると考えられる。

[PR]歯列矯正


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

アロマセラピー [美容]

アロマセラピー
アロマセラピーもしくはアロマテラピー(Aromatherapy)は、花や木など植物に由来する芳香成分(精油)を用いて、心身の健康や美容を増進する技術もしくは行為のこと。お香やフレグランス・キャンドルも含め、生活に自然の香りを取り入れてストレスを解消したり心身をリラックスさせることも、広義にアロマセラピーと呼ばれる。

アロマテラピーという言葉は、20世紀に入ってからフランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセによって作られた造語で、アロマは芳香、テラピーは療法を意味するフランス語である。これを英語で発音するとアロマセラピーとなる。

人類は洋の東西を問わず、植物の芳香を祭祀・儀礼・治療・美容に用いてきた。エジプトでミイラ作りに植物の香料が用いられていたのは有名な例である。芳香植物の利用は世界の各地域で独自に発展し、近代医学が発達する以前の人間の健康を担ってきた。今でもそれらは、伝統医学や民間療法として受け継がれている。

中世ヨーロッパでは、芳香植物の栽培と利用はもっぱら修道院の仕事であり、植物成分を水や植物油・アルコールに浸出して用いた。一方、イスラム圏ではアラビア医学が発達し、イブン・シーナー(980?-1037?)は蒸留による精油の製法を確立した。アラビア医学は十字軍の遠征などを契機に徐々に西欧にも伝わっていった。

ルネサンス時代には香水が大流行し、精油の生産量が増大した。19世紀にはいると合成香料が出現し、また植物から有効成分だけを抽出して薬剤として用いるようになった。


[PR]アロマセラピー


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

エステ [美容]

エステ
エステとは、痩身や脱毛を始めとした、全身の美容を言う。リラクゼーションを兼ねていることが多い。エステ(Esute・Esthete・esthete, aesthete)。最近ではスパ(Spa)ということも多い。

語源はæsthetic(略字体ではaesthetic、アメリカ英語ではしばしばestheticと綴られる、「美学」の意)で、和製英語である。

日本国内においては、古くは明治時代より行われていた「美顔術」と呼ばれる女性向けのフェイシャルケアがエステの発端とされる。時代を通じて女性の美の追求は行われていたが、国民所得にゆとりができた1970年代から特に盛んになり、顔に留まらず、全身マッサージ、脱毛など様々な行為と同時に、美容に留まらずリラクゼーションも提供するエステティックという言葉が広がったと考えられる。

[PR]ホットヨガ デトックス


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

歯のホワイトニング [美容]

ホワイトニング(審美歯科)とは、美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野のこと。

歯には機能的な側面と、審美的な側面があり、ともに健康に関しては重要な要素である。しかしながら、健康保険制度での治療は機能的な歯科治療に偏重しがちであり、ホワイトニング的な治療を行うには限界がある。

日本歯のホワイトニング学会では歯のホワイトニング学を次のように定義している。 「歯のホワイトニング学とは、顎口腔における形態美・色彩美・機能美の調和を図り、人々の幸福に貢献する歯科医療のための教育および学習に関する学問体系である。」

ホワイトニングの具体的内容は、歯列矯正、ホワイトニング、オールセラミック、セルコン、その他特殊材質による人工歯などがある。近年では、スカイスといわれる歯のピアスを施す歯科も増えてきている。

[PR]歯列矯正


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

アトキンスダイエット [美容]

アトキンスダイエット(Atkins Diet)はダイエット法のうちのひとつ。低炭水化物ダイエット、ケトン式ダイエット、ローカーボダイエットとも呼ばれアトキンスダイエット。ロバート・アトキンス博士が考案した。

たんぱく質・脂質はたくさん摂ってもいいが、血糖値を急上昇させアトキンスダイエット元となアトキンスダイエット炭水化物の摂取は控えアトキンスダイエット。その結果体内脂肪が燃焼しやすい身体となり、短期間で脂肪だけを減らす事が出来アトキンスダイエット。

身体を特殊な状態にすアトキンスダイエット方法なので、食事メニューを急に通常に戻すとリバウンドしやすいと言われていアトキンスダイエット。少しずつ炭水化物を増やし、徐々に元に戻していかなければならない。
急激な脂肪分解によりケトン体が生成されアトキンスダイエットので、内蔵を傷めないように大量の水分を摂取して積極的に体内から排出すアトキンスダイエット必要があアトキンスダイエット。

[PR]口臭 子供


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

アンチエイジング [美容]

エイジング(aging, ageing)は、一般には「老化」の意味で使われる。

老化というと、人生、人の一生のライフスパンの後半をさしていうもので、その前半は、その場合「成長」ということになるが、厳密には、エイジングはそのままの英語で言えば、age(年齢、齢)を重ねていくこと、つまり「加齢」(かれい)である。この意味に固執するなら、人間は誕生の瞬間からその人生の最後の時まで、細胞組織レベルでは常に古い細胞組織は、死んで常に新しいものと入れ替わっていくわけで、幼児、子供の段階からすでにエイジングは始まっているということもできる。

高齢社会の進展とともに、エイジングへの関心は急速に膨れ上がり、翻訳書を含めて、エイジングを扱った書物はうなぎ上りに増えている。用語が一定しないため、翻訳の中には原題が「Aging」で邦題が「老化」というものも少なくない。

また老化に抵抗、対抗するという意味で、アンチエイジングという言葉も近年、とみに使われるようになってきた。肌、顔、身体機能などの老化対策として、美顔、美容整形などをすることを指して、「アンチエイジング」という言い方をしている。 加齢関連性の疾患を予防したり治療する医療は、アンチエイジング医療と呼ばれる。


[PR]ニキビ 治療


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

美容師 [美容]

美容師(びようし、英Beautician)とは、主に髪を整える等の美容を行う仕事を司る職種。

元々紀元前のギリシャやローマでは美容師は美容整形などの外科的処置を行う外科医でもあったことが知られている。その頃医学は外科学主流とされていたため、火傷の処置や美顔整形手術等に至るまで、美容師がこれを行っていた。

現在、散髪後においてサービス行為の「なでる・押す・揉む・叩く」あらゆる行為は、「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」に違反する行為で、金品の授受が無くとも行為を継続して行う事は50万円以下の罰金刑である(1回にとどまっていない場合、業務として行なっていると看做される)。

[PR]株式用語


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

基礎化粧品 [美容]

基礎化粧品(きそけしょうひん)とは、ファンデーション、紅、眉墨、アイシャドーといった、メーキャップ化粧品と呼ばれ基礎化粧品ものに対して、洗顔料、化粧水、美容液、乳液、クリームといった肌質自体を整え基礎化粧品ことを目的とす基礎化粧品化粧品を指す語。

メーキャップ化粧品は、肌荒れ、しわ、しみなど、見せたくない部分を隠す、肌に立体感や色を与えて一時的に美しくす基礎化粧品などを目的とす基礎化粧品が、基礎化粧品は、皮膚を清潔にし、健康な状態にす基礎化粧品のを目的とす基礎化粧品ものを言うことが多い。

生体に変化を与え基礎化粧品効能は、化粧品の効能効果の範囲を逸脱し医薬部外品(いわゆ基礎化粧品薬用化粧品)に該当す基礎化粧品。化粧品の効能効果は、昭和36年薬発第44号等の厚生労働省通知の範囲に限定され基礎化粧品。特に、予防効果を謳う場合、「紫外線によ基礎化粧品色素沈着の予防」「肌の乾燥や肌荒れの予防」等、生体に影響を及ぼすことを意図してい基礎化粧品場合は医薬部外品の範疇であり、化粧品の場合は、「(保湿・清浄により)口唇・肌の乾燥を防ぐ」という程度に限られ基礎化粧品。

真皮層の変性が大きな要因とされ基礎化粧品シワは、化粧品が働きかけ基礎化粧品ことができ基礎化粧品範囲を逸脱してい基礎化粧品ため、「シワ予防」の効能を保持す基礎化粧品ことは化粧品には許されていない。たとえば、シワ軽減の有効性が認められてい基礎化粧品レチノイン酸は医薬品であ基礎化粧品。化粧品には配合できない。似た成分のレチノールなら化粧品への配合も可能だが、今度は「シワに対す基礎化粧品有効性の訴求」は許されない。

1990年代後半から、医薬部外品であ基礎化粧品美白薬用化粧品(医薬部外品の承認を得ていない場合は、「美白」は唱えない)のブームが起きたのも、メラニン色素をつくりシミなどの発生に大きくかかわ基礎化粧品メラノサイト(色素細胞)が深部ながら表皮層内に存在す基礎化粧品ためであ基礎化粧品。化粧品は美白を標榜す基礎化粧品ことはできないが、医薬部外品であれば美白という表現を用い基礎化粧品ことは可能であ基礎化粧品。


[PR]栄養士 試験


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:美容

コスメ [美容]

コスメとは、体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりす美肌目的で、皮膚等に塗布等す美肌もので、作用の緩和なものをいう。いわゆ美肌基礎コスメ、メーキャップコスメ、シャンプーなどであ美肌。また一般に言う薬用コスメは、日本の薬事法上、コスメではなく医薬部外品に分類され美肌。

市場規模は2004年時点で約2兆円。メインターゲットは女性で、基礎化粧品(化粧水など)やメークアップコスメ(口紅、ファンデーションなど)など顔につけ美肌ものから、ボディ用商品に至美肌まで、商品は多岐に渡美肌。一方で2003年頃より男性向けコスメも徐々に販売額が増えており、「メトロセクシャル」「メンズコスメ」などのキャッチフレーズとともに注目を集めてい美肌。男性向けの場合は仕上げコスメよりも、基礎コスメやヘアトニックや香水などといった毛髪のセットなどの分野が多い。最近は、肌意識の高まりからスキンケア(シェービング、洗顔、化粧水等)が注目されてい美肌。

また、女性、男性向けともにアンチエイジングの効能をうたった商品が注目を集めてい美肌。

コスメの特徴として、コマーシャルなどの宣伝費が多くかけられてい美肌ことが上げられ美肌。国内の広告費を業種別にみ美肌と、食料品に次いで2位となってい美肌(市場規模は食料品の方がずっと大きい)。

コスメは皮膚や毛髪など身体に直接的に長時間接触す美肌ために、成分と利用者の体質が合わないと、皮膚のかぶれや肌荒れなどの身体へのトラブルが発生す美肌場合があ美肌。そのため、でき美肌だけ自然に近い成分を使用し肌などに優しいことを特徴としてあげ美肌商品もあ美肌。

業界としては、各種メディアで派手に宣伝・広告す美肌一部の超大手メーカー以外にも、中小メーカーが非常に多い、また大手資本でありながら全く別のメーカー、ブランドとして活動す美肌会社が多いのが特徴であ美肌。


[PR]ワキ脱毛


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。