So-net無料ブログ作成

美少年 [美容]

美少年(びしょうねん)とは、一般に、容貌の美しい少年を指す。美少年は、漢語あるいは日本語の単語である。広義では美少女も「美少年」である。

もともとは文学上の修辞語で、古くは中国唐代の詩人杜甫の詩「飲中八千歌」の一節、
宗之瀟灑美少年 宗之は瀟灑たる美少年(そうし は しょうしゃ たる びしょうねん)
に現れ、熊本県にある美少年酒造が製造販売する日本酒の銘柄にも採られている。
美学上の意味
美学的には、ある時代、ある地域において、審美の対象となった少年の変遷を追うことに意義がある。
しかし、現在までに、研究はあまり多くなされてはおらず、研究史の充実が待たれる。

[PR]株式用語


美少女 [美容]

美少女(びしょうじょ)とは、一般に容貌の美しい少女を指す。美少年に対義する概念としての少女。
1980年代に後藤久美子 (女優)が「国民的美少女」オーディションから登場した。これ以降、芸能界等では特に女性アイドルの一要素として、或いは宣伝や売り出し文句として類型的に多用される言葉である。
フィクションの世界でも、漫画・アニメ・コンピューターゲームに於いて、少年であるヒーローに相対したヒロインとして美少女が設定される作品が多い。特に、これらのジャンルで好んで用いられるキーワードで、記号でもあると推測される。

なお、狭義的に「成人向け」の意味で「美少女系」の単語が使われる場合が有る。
言葉としての美少女および美幼女
美少女と美幼女という言葉の指す対象は、大抵の場合、前者は未成年(特に小学生から高校生)の女性(少女)を、後者はそれよりも幼い女性(幼女)を指すが、両方とも美少女として混同されることが多い。こうした状況もあり、幅広く用いられるようになった美少女と比べ、美幼女という言葉自体の認知度は低い。
日本の古典文学の中で表わされた代表的な美少女像は、平安時代の「源氏物語」の若紫である。絶世の美男である光源氏は少女の若紫を拐かして屋敷に住まわせ、自分の理想の美女に育て上げる事を画策する。この倒錯した物語のプロットは後世の様々な物語に転化され、引き継がれて行く事になる。源氏物語には美少年に関する物語も含むが、テーマ外なのでここでは書かない。
また、十六宵(いざよい)の物語なども挙げられる。彼女は元慶4年(880年)九州に生を享けその誕生日(8月16日)を縁として十六宵と名付けられた。この物語の縁の地である福岡県福岡市東区の翁別神社(おきなわけじんじゃ)に遺る史跡に『鏡の井』があるが、これは『美しく成長した5歳』の彼女がその時にその髪を梳ったとされる井戸である。またその麗しい容姿が宇多天皇の勅使の耳に入り彼女が内裏に迎え入れられたのが13歳の時であるとされている。

[PR]債務整理


漢字の美 [美容]

漢字における「美」の含意

日本語で使われる「美」の文字は漢字であり、中国において2000年以上前に発明されたものである。
この「美」という漢字は、「義」や「善」と同様に、一種の要素合成によって造られており、それぞれの上半分の部分は、「羊」という文字である。

「羊」と「大」の合成が「美」であり、「羊」と「我」の合成が「義」である。孔子の『論語』の中にも記されているが、
「羊」は宗教的祭式において献物として利用された動物で、「犠牲の動物」の意味があり、そこから「羊」を要素とする合成漢字には、「犠牲」の意味が含まれている。
あるいは、「犠牲」の意味を持つ概念を表現するために、これらの漢字は合成され造られたとも言える。

「義」とは「我の責任の限りの犠牲」という意味があり、「善」は、「儀式の祭具に盛る限りの犠牲」という意味があるが、
「美」とは「大いなる犠牲」である。この場合の犠牲とは、「自己犠牲」であり、共同体の命運などに対し、人間として行える最大限の犠牲、
つまり己が命を献げて対象を高めるという含意があり、言い換えれば、人の倫理の道において、最も崇高な行いが「美」であったのである。

[PR]パワーストーン


キモかわいい [美容]

キモかわいいとは、一歩間違えると見る者に嫌悪感を催させるような不気味さをもちながら、それゆえに可愛らしくもあるさま。

1990年代末から使われ始めた若者言葉で、ダンシング・ベイビーなどのキャラクターをさして使われるようになった。
当初は人間に使われることはあまりなかったが、2000年代にアンガールズがブレイクしたとき、彼らのシュールなたたずまいをさしてキモかわいいという言葉で表現された。

「キモい」は人に嫌悪感を催させ、「かわいい」は抱きしめたくなるような愛おしさを感じさせる様を表現する言葉であるため、
対義語とみなされがちだが、ゴジラのような「怪獣」「怪物」が「かわいい」姿にデフォルメされキャラクター商品化される例は以前から少なくなかった。
グレムリンに変化するモグワイの姿は、このふたつの形容詞が表裏一体のものにもなりうることを示唆している。

キモかわいいと評判のキャラクターが名古屋に多数存在する(ドアラ、モリゾーとキッコロなど)。

[PR]ハーブ 栽培


ファッション [美容]

コギャル
1990年代中期からの流行語。1993年ごろからフライデーなどの媒体に記述が見られ始めるが、本格的に使われ出したのは1996年ごろから。
茶髪もしくは明るいメッシュを入れた髪で制服に身を包み、ルーズソックスにローファーを履く。
派生して「中学生のギャル」のことをマゴギャルと呼ぶようになった。
90年代末には高校を卒業したのに制服を着て街にくりだす「なんちゃってコギャル」も存在した。
当時はコギャルブームと言っていいくらいの流行ぶりで、ワイドショーや週刊誌を始めとしてメディアでは女子高生・コギャル特集が連日連夜と行われていた。
当時は「ルーズソックス」や「援助交際」などと絡めて多様なコギャル像が構築されて分岐していく。
しかし2000年代に入ると、この「コギャル」という言葉自体ほとんど聞かれなくなり、現在では死語と言っても良いような状況となる。
なお語源については諸説ある。元々は、ロリっぽい雰囲気の(童顔の)ギャルを指すことが多かったが、本格的に使われ始めたのはディスコ・クラブである。
エントランスチェックの黒服が、深夜入場不可能な女子高校生を区別するために用いるようになった用語であり、語源は「高校生のギャル」、略して「コーギャル」である。
その後、「コーギャル」→「コギャル」の変化を経て、コ→子であるとの解釈が加わり、現在に至ったものと思われる。
一方、1997年東京国際フォーラムで開催された東京ストリート・スタイル展によると
「成蹊や青山学院の付属出身者は中学校の時に既にギャルの真似をしてブランド品を持ったりディスコに行ったり大人世界へデビューしているのに対して、
高校から入学してきた生徒はまだデビュー前である事から、そのデビュー前の生徒を、付属出身者がコギャルと呼んだのがルーツと言われている。」とされている。

ヤマンバ
語源は山姥(やまうば、転訛してやまんば)。
日本の民話で紹介される山姥が総じて白髪で手入れをしていない長髪であったことから由来する。
ガングロの化粧に加えて髪の毛を脱色、または部分的な着色・脱色をしたメッシュを施し、乱れたように形作った髪形である。

マンバ
2003年から現在まで継続しているギャルファッションの一つで、現代において一般的にギャルと呼ばれるのはこのマンバである。
容姿はヤマンバが進化したもので顔の色は更に黒く、目の周りを白のアイラインで濃く幅広に引き、唇も白系のグロス等を塗る等といった化粧をしている。
ファッションではパンツルックよりも極端に短いミニスカートを中心にコーディネートされており、
それらは原色系や派手な柄ものといったものでまとめているのが特徴。
ピカチュウなどの着包みを身にまとったものをキグルミンと呼ばれる。またバービー人形のようなマンバスタイルをバンバと呼ばれる。

ビビンバ
ギャルファッションのひとつで未成年者を中心にマンバでかつB系の格好をしている。

汚ギャル(おぎゃる)
何日も風呂に入らず下着も替えないような、不潔にしているギャルのこと。
化粧も上塗りを繰り返すためマンバ以上に濃い。
ショーツの中にナプキンをあてがっておいて、それを取り替える。家にあまり帰らず外泊を繰り返すことが多い。

オネギャル
高校を卒業したギャルをさして、2000年頃よく使われた言葉だが、その後は単に「ギャル」または「お姉系」に移行、近年はこの言葉はあまり使われていない傾向。
全体的にシンプルにまとめるのが特徴的で、原色を中心にまとめているギャルとは見た目が全然違う。

センターGUY
渋谷センター街の街と男性を意味するGUYを重ねた名称でセンターガイと読み、マンバと同じ様相を呈するギャル男。
雑誌「men's egg」が彼らを取り上げ、「ハロー!センターGUY」というコーナーを設けたために流行した。
センターGUYが用いる流行語を特にGUY語(がいご)と言い、マンバも用いる。モリオ(モリ男、モリ汚)ともいう。

[PR]浮気 調査


おにい系 [美容]

お兄系(おにいけい)とは、お姉系の男性版。

男性セレブやホストの影響の強い、ゴージャスさとワイルドさを兼ね備えた傾向をもつ。
シルバーのアクセサリーや革靴などのアイテムが好まれ、DOLCE & GABBANAなどの高級ブランド品を愛好する。
サングラス、スーツやダウンジャケットなどを着用することもある。

お姉系と関連が深く、茶色や黒といった落ち着いたトーンの色彩を好むことなどお姉系との類似点もあることかあら、
お姉系の男性版という言われかたをすることもある。
お兄系の中でもワイルドさを強調したものは、サーファーファッションとの類似性も強い。
ギャル男と重なる部分も多いが、十代中心のギャル男とは年齢層やファッション傾向が異なる。
ただ、最近のギャル男はお兄系風の、きれいめゴージャス系に走る傾向が強く、境界線は薄らいでいる。

[PR]ビルケンシュトック


ギャル [美容]

ギャル (gal) は、1970年代当時、ニューファッションに身を包んだ女性の総称に始まる。
バブル期には若い女性一般をさす言葉として使われた。
若い女性を意味するガールに由来するため、若い男性をガイと言うようなものである。

現在では、いわゆる「ギャルファッション」をした10代~20代前半にかけての女性をいう。
1990年代に特にこうした女子高生をさしてコギャルという言葉で呼ばれることが多かったが、現在ではこの世代の女性が嗜好を維持したまま大人になり、
これに相当する男性はギャル男(ギャルお)やお兄系(おにいけい)と呼ばれる。
「egg」や「men's egg」「Cawaii!」(カワイイ!)といった雑誌が大きく影響を与えている。最近では、サークル(ギャルサーとも呼ばれる)を作って活動している者も多い。

[PR]バランスボール


おネエ系 [美容]

お姉系(おねえけい)とは、女性ファッションの傾向を表す言葉である。
茶髪に巻き髪、ブーツかミュールにミニスカートといったいでだちで、コンサバファッションをベースに、華やかさと男性受けを意識したファッションである。
お姉系の見た目に移行する前はギャルだった女性も多く、ギャルを卒業するとお姉系に変身するというのが典型的パターンであるが、一概には言えない。

原色ベースのギャルとは見た目がかなり異なるが、茶髪がギャルとの共通点であり、
ギャルのように肌を焼いていることがあるなど、ギャル的なセンスも取り入れられている。
年齢が上がるにつれギャル寄りからコンサバ寄りに移行することが多いようである。

[PR]更年期障害 克服


美脚とは [美容]

ほっそり美脚

すらっとした細くて長い脚に対して言われる。筋肉や皮下脂肪は少なく、ラインは直線的である。
一般に「美脚」といわれる場合はこちらを指している。

ファッションの進歩により、衣服をかっこよく着こなす事が女性にとって重要なステータスになり、ファッションモデルのような細くて全身に対して長い脚が憧れになった。

むっちり美脚

適度な太さがあり、整った筋肉や脂肪の付き方をしている脚に対して言われる。
ラインは曲線的であり、美脚の基準として、長さ・ラインのメリハリや美しさが重要視される。

こちらは女性が憧れるものというより、女性の脚のラインや肉付きに性的な魅力や美しさを感じる男性目線の基準である。
性的嗜好によるものなので、太さ・パーツのバランスなど美の基準は人それぞれである。

[PR]オーガニック


美脚 [美容]

脚線美(きゃくせんび、beautiful leg)とは、脚部(広義には下半身全体を想起させうるが、
概ね臀部から大腿部、膝をへてふくらはぎ、足首・かかと・足先までを指す)のプロポーション・ライン・骨格や肉の付き方などが美しい事。
多くは女性の脚部に対して用いられる褒め言葉だが、安易に漠然と多用される傾向が強い。

ただ、通俗的には「細い足」「引き締まった足首」などを、「美しさ」の具体的基準とする言説がまま見られるが、これらも全て主観的な評価にすぎない。
性的嗜好によっては、例えば、下位概念として「カモシカのような脚」(引き締まった筋肉質の脚の美しさを表現)、
「筋肉美脚」(女性でありながらもよく発達している筋肉の美しさを強調し、その力強さや躍動感、
あるいはいわゆる「女性らしさ」とのギャップ自体を魅力として評価した表現)といった言葉を位置づける事が出来る。

[PR]ピラティス


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。